[新規案件] Facebook社がオンライン広告効果を把握するための調査「Digital Trends F+」

GfKからFacebookに送られるデータ

このデータは、GfKの調査参加者とFacebookアカウントのマッチングのために利用されます。マッチングが成立した参加者分について、広告効果測定を目的として、FacebookはGfKに広告掲載の情報を提供します。

GfKが、Facebookデータとのマッチングに利用するために、参加者またはパートナーであるCintから取得するデータや、Facebookから取得する広告掲載の情報について、以下の通りご確認ください。

GfKが、データのマッチングを目的として、参加者またはパートナーであるCintから取得する個人情報は、以下の通りです:

  • 規則的に割り当てられる「Digital Trends F+」参加者ID
  • 暗号化されたモバイル広告ID
  • 暗号化されたメールアドレス
  • 参加者の情報と参加者のFacebookアカウントをリンクさせるため、Facebookから提供される暗号化された識別子
  • 暗号化された氏名と生年月日
  • 暗号化された携帯電話番号

このデータにより、GfKは集計レベルの調査データを生成し、Facebookの広告キャンペーンを評価、分析します。参加者全員のデータは統計的に処理され、参加者個人のデータが評価されることはありません。

FacebookからGfKに提供される広告掲載の情報は、以下の通りです:

  • – 広告掲出数
  • – 広告クリック数
  • – 広告掲出日
  • – 企業(ブランド)名、広告キャンペーン名
  • – 広告形式(バナー、ビデオ等)
  • – 広告の出稿先デバイスの種類

このデータにより、GfKは集計レベルの調査データを生成し、Facebookの広告キャンペーンを評価、分析します。参加者全員のデータは統計的に処理され、参加者個人のデータが評価されることはありません。